カップル
  1. ホーム
  2. アフターケアで選ぶ

アフターケアで選ぶ

医者

痛みを押さえる方法

包茎手術の最中は当然他の病気でも麻酔をするように麻酔がかかっているので、痛みが生じることはまずないでしょう。しかし、手術が終わって麻酔が切れだした頃は個人差にもよりますが、多少の痛みは残ります。しかし、評判のいい病院であればアフターケアも整っているので、痛み止めなどの薬を処方してくれるでしょう。しかし、数ある病院の中には自己申告しないと薬を処方してくれないところもあるので、注意が必要になるのです。他にも、今まで皮に覆われていたため、それがなくなることによって、擦れて痛みが発生することがありますが、柔らかい素材の下着に変えることによって、その痛みから解放されることでしょう。

痛みの種類が異なる

男性の象徴ともいえるペニスに皮が被っていて、恥ずかしい思いをしているのなら、包茎手術に踏み切るべきです。また、包茎手術に生じる痛みは、人によって異なりますが、一日で収まる人もいれば数日かかる人もいるでしょう。また、定期的に行なわなければならない消毒を塗る際にも染みるような痛みがでてきます。そのような痛みがある場合は我慢せずに担当医に伝えるようにするのが得策です。

デリケートな部分でもある包茎手術は、痛みが伴うことがありますが、通常なら数日で収まるものです。しかし、それでも長くようなら手術にミスがあったかもしれないので、そうなる前に評判のいい病院を見つけることが先決です。また、評判のいい病院では、受付の対応を見るだけですぐに分かるのです。例えば、電話で予約をする際にぶっきらぼうな喋り方の場合はパスしておいたほうがいいかもしれません。何故なら、評判のいい病院では細やかなところまで指導が行き届いているので、電話対応もきちんとしているからといえるでしょう。